FACTORY

House Production

―皮から革へ―  当社では、原皮の輸入から製品の加工まで、一貫して一つの工場で行っています。長年培われてきた鞣し(なめし)の技術は、代々受け継がれています。
柔軟性や保湿性に富んだ動物の"皮"の良さをそのまま活かして、人間が長く使える"革"へと製品化しています。
天然の素材をより多くの方により身近に利用して頂くことが私たちの使命です。

Import of leather皮の輸入

海外からダイレクトで丸子工場に輸入しています。ベビーラムからミンクまで、幅広く皮の種類を取り揃えています。

Washing洗浄

塩漬けされた皮を、洗浄・フレッシング・ピックル・保存加工を施します。一度に多くの皮を処理できるのも当社ならではです。

Drying乾燥

一つ一つキズがつかないように、手作業で洗浄した皮を乾燥させます。一度に100セット乾かすことが可能です。

Dry cleaningドライクリーニング

乾燥させた皮を専用の機械でクリーニングします。汚れを落とすことに加え、動物性脂分を除去いたします。

Staining染色

工場内にある染色試験室で調合された染料で用途にあわせて適した色への毛染めを行います。

shear & iron仕上げアイロン

仕上げのシェアリングでは、羊毛を均一にカットいたします。また、アイロン熱で縮毛を矯正してやっと、製品の材料となります。

Cutting & Productization裁断・製品化

出来上がった素材をカットし、職人が専用のミシンで張り合わせます。オーダーに合わせ、様々な形に仕上げていきます。

Inspection検査

全製品を一つずつ手作業でチェックします。製品の精度を確認するのはもちろんの事、安心してお使いいただけるよう配慮しています。

The video of MARUKO Factory

「活かそう自然からの贈り物」

太古の昔から現代に至るまで、人間は食糧や衣服として、
動物や植物を採取し、自然の生命をつないで生きてきました。
自然からの贈り物である動物や植物に感謝し、その生命を無駄にしないことが、
未来を生きる子供たちに豊かな地球を引き継ぐためには大切なのではないでしょうか。


Environmental Protection

丸子工場は、長野県の東部に位置し、自然が豊かな場所です。古くから養蚕で栄えたこの土地は、お米や野菜、果物が豊富に採れます。
山間の清涼な水で育まれたお米で作られた地酒は、地域の名産です。そんな恵まれた環境をしっかり守ることも、100年企業を目指す私達の大切な役割であると考えています。
皮の温もりを届けながら、この自然をいつまでも守り続けます。

Treatment排水処理施設

丸子工場専用の排水処理施設を完備。工場内で使用した全ての排水をここで浄化します。工業排水は一切外部に排出いたしません。

Purification浄化

水の中に溶け込んだ汚れを微生物の働きによってキレイに取り除きながらろ過します。空気の供給を行い、微生物を呼吸させます。

Drainage排水

沈殿槽に移し、汚れを沈殿させ、キレイになった上澄み水を消毒層へ送り、安全な状態にしてから放流いたします。

Factory Introduction

ニチロ毛皮株式会社 丸子工場
〒386-0041長野県上田市生田3248
TEL:0268-42-2825/FAX: 0268-42-5377

長野県上田市にある丸子工場では、ムートン製品の鞣しから製品の加工まで一貫して行っております。また、ムートン製品のクリーニングも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

クリーニングの詳細を見る

丸子工場求人情報を見る

page top